×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正しい姿勢ダイエット

やせる

正しい姿勢ダイエット

簡単ダイエット.com  > サイトについて  サイトマップ  商品一覧  プロフィール 

MENU  
カロリーガイド  
商品
サイトについて  


正しい姿勢ダイエット


正しい姿勢とは、骨格が正しい配列をして理想的なS字カーブを描いているそうです。

正しいアライメント(骨格の配列)になっていると、筋肉のバランスがいいので
痛みやコリが起きにくく、神経や関節を痛めにくいそうです。

アライメントに歪みが生じると、猫背やO脚などスタイルに影響しまた、アライメントが悪いと歩けば歩くほど体を
痛めてしまうそうです。


背骨や骨盤がずれて、ゆがんだ体は、そのゆがみをカバーするために回りに余分な脂肪をつけ、全身を
太くしてしまうばかりか、冷え性や腰痛の原因になったり血行を悪くしたり、健康にも大きな影響を及ぼします。


きれいな姿勢で立つことは、意識して力を入れたことのないだらけきった筋肉を鍛えることです。


全身の筋肉をバランスよく使うことで、脚が美しくなり、バストアップやヒップアップ腹部はキュッと引き締めたり、
背中のぜい肉を落としたりと特別なエクササイズをしなくてもダイエット効果があります。


筋肉を使わないで歩いていると、前かがみの姿勢でねこ背になりお腹はポッコリとつきでてヒップは下がります。


重心が下がると、下がった分だけ骨が外側に曲がり、内側に力が入りにくくなり膝もややO脚ぎみに曲がった
ままで腰を落としたような姿勢になります。


これは骨格が問題なのではなくお尻の筋肉を意識し、筋肉に力を入れ、太ももの内側の筋肉も意識して立つと、
骨盤がキュッと締まり、それだけで下半身痩せが叶えられます


特別なエクササイズでダイエットしなくても、姿勢をよくしただけで全身を引き締めて体をきれいに見せてくれます。


★正しい立ち姿勢とは・・・

  左右の重心がかたよらないようにし、両方のかかとをつけつま先は両親指の間を2〜3cm程開けます。

  ももの内側とお尻の下を引き締めるように力を入れます。

  このとき、ひざ小僧が少し外を向くようにします。

  下腹に力を入れて肩甲骨をY字に引く感覚で肩を後ろに引き、背筋を伸ばし
  頭から引き上げられているようにして、腕を楽な位置に置き、頭、肩
  つま先が一直線になればOKです。


★正しい座り方とは・・・

 ◇椅子に座る場合

  立っているときだけでなく、座っているときにも体のゆがみは起きます。
  脚を組んで座ると、脚と骨盤とをつなぐ股関節への負担が大きくなりO脚を進行させてしまうそうです。

  また、頬づえをついたり、肘かけにもたれたりする座る癖も、腰や脚をゆがませます。

  お尻の下、ももの後ろをキュッと締め、そのまま保つようにお尻を椅子に乗せます。

  内ももはグッと引き締めてピッタリ合わせ膝も閉じて、足裏がしっかり床についています。

  背もたれに背中を合わせ、太ももと座面が平行になるように深めに腰をかけると自然と背筋が伸びて
  きれいに座ることができるそうです。

 ◇床に座る場合

  ひざを変形させてしまうといわれている正座がいいみたいです。

  骨盤がしっかりして体を起こす筋力がつくという利点があるそうです。

  長時間座るときは、お尻の下をキュッと締めると腰が安定するそうです。


★階段の上がり下り

  階段を上がるときは、ステップから軽くかかとをはずして、手すりを持たないで正面を向いてやや前傾の
  姿勢でアゴを上げ、膝を伸ばしきらないで勢いよく体を持ち上げてリズミカルに上がります。

  つま先が自然にまっすぐになるようになり、外また歩きのくせを矯正してくれるそうです。

  ヒップアップにも効果があり、足首も引き締めてくれます。

  階段を下りるときは、つま先を階段から少し出し、5本の指で階段のヘリをつかむようにして膝を伸ばし
  きらないようにして、5指重心をかけるようにし下りると脚のラインがきれいに見えるそうです。


★エスカレーターに乗りながら

  のぼりのエスカレーターに乗るときは、必ず手すりにつかまってかかとがステップからはみだすようにして立ち、
  そして、アキレス腱を伸ばすつもりでかかとをグッとおろしたままの状態で、エスカレーターが上につくまで静止
  しています。


★信号待ちのとき、電車やバスで立っているとき

  立ってつり革につかまっているときに、ヒールの低い靴を履いていたら軽くかかとを2〜3cm浮かせて立つと、
  キュッと引き締まった足首になるそうです。

  電車やバスのなかで座ったときは、深く腰をかけて、膝をつけてギュッと力を寄せたりぬいたりをすることで、
  太ももの引き締めに効果があるそうです。


美しくなるためにも、健康であるためにも、日常生活から正しい姿勢でいることを意識して行うことで
知らない間に、ダイエット効果があらわれてくるのではないでしょうか。

さらに、正しい姿勢をはじめとして、生活すべて(仕事、家事、通勤など)がエクササイズだと思って
簡単にダイエットを楽しんでみてください。




ダイエットのための食べ方 ウォーキングダイエット

Copyright (C) 簡単ダイエット.com  All Rights Reserved